はなぶろ

花岡道子の自由に描いた絵と、
詩とスピリットのメッセージ、
それから日々感じたことなど。

このほかに、はなしごとでは仕事の絵を中心に。Flower of spiritでは、自然からinspireされて描いたカラフルな線画をupしています。infoページからリンクしています。

地球の目覚め

地球の目覚め

愛はうたう
みきひらかれたもの
優雅に



今、完全にスピリットのLOVEは働き、美しい世界へと導かれる。

ゆったりと、優雅に、波に乗ろう。

手をつなぎ、美しい地球を描き、
あらわれを歌おう。
光をうるみ
LOVEになり、
ともに歩もう。


あらわれをみるのはたいせつ
でも、スピリットのあらわれは、すべて。
すべからく愛
loveにあるのは、とどのつまり、誰でもだ。
すべての人が、すべての生き物が、愛であり、
地球の一部であり、宇宙のひとひらであり、
あらわれなのだ。





photo by hanaspirit - -
0

    ブルームーン

    月光
                                絵 月光


    夜の森の闇の中で星を見上げていると、
    自分は宇宙の内にいるんだ..と感じます。
    そして、宇宙の広さを思うと、
    自分は、宇宙に放り出された、みなしごのような、心もとない気持ちにもなります。
    思えば、幼い頃から、この、コズミックホームシックのような感覚に、
    しょっちゅう、しくしくしていたような気がします。


    今、スピリットが深く融合されて、時折、銀河系のメッセージも受け取る事があります。
    これは、未だに私にとっては、大きすぎるような、不思議な感覚があります。
    何しろ、そのしくみに関しては、全く無知なのですから!

    私はひたすらに、スピリットとの融合を歌う、詩人です。
    自分の内側、ハートのふくらみの内側に広がっていくと
    そこは、どんどん広がり、すべてを内包し、
    ありてある、大いなるひろがりとなっていきます。
     (言葉で書くと変ですが、今はこんな表現になってしまう。)

    そこは、豊かな愛の満ちているところ。
    そして、愛を歌うところ。
    私はすっかり溶けていき、
    すべてが満たされます。

    内側も外側もなくなり、
    愛のエネルギーの海の中で、ただ、
    ああ....
    となるのです。

    ああ...
    という声は、深いおおいなるスピリットのエネルギーをもたらす力があります。
    その声はハートに響き、
    美しい愛を奏でます。
    ハートの炎は響きに呼応し、燃え上がり、広がります。
    その状態を私は、愛は歌う、と表現しています。


    今夜はブルームーン。
    8月2回目の満月です。
    ブルームーンの影響などを、スピリットに聞いてみました。
    愛はこう言いました。

    ブルームーン、ああ、いいなあ..素敵だなあ〜。と、思っているのが一番いいよ。

    やっぱり私のスピリットは、『ああ...いいなあ.. 』
    この感覚をひたすらに伝えてきてくれるのでした。


    宇宙もまた、ああ...と歌っているのでしょう。



    photo by hanaspirit - -
    0

      go off the beaten path

       谷めぐり
                                                                                          絵 谷渡り


      Oahuの森の道、
      踏み固められた土が雨にずるずるになった所をそろそろと、
      絡み合う木の根や岩を踏んだり跨いだりして歩く。

      時々いくつかのの青い木の実や、熟れきったノニの実などが落ちていて、
      果物の発酵した匂いを放っていて、蚊柱が立っている。

      一歩そこをはずれると、地面はふかふかしている。
      沢山の落ち葉や、種などの堆積。
      時に、ずぶっと足が沈むこともある。

      一度、Lanikai beachを見下ろすトレッキングコースで、
      グループを引っ張って歩いていたスイスの山歩き青年が、
      shortcut!と、薮に突っ込んで行った。
      背丈ほどの枯れた稲の様な草をざわざわと分けて、歩く。
      昇ったり、下ったり、
      地面が見えないから、着地したと思ったら、
      がくんと、低いところまで落ちたりする。
      ちょっと不安なんだけれど、
      そのうち、訳もなく愉快な気持ちが腹の底から湧いてくる。
      動物になったみたいだ。
      これだよこれだよ!
      これがしたいんだ!
      go off the beaten path

      ワクワクと喜びがわいてくる。
      誰も知らない道。

      その先で、ひろびろと、すがすがしい青い海が広がるかもしれない。
      小鳥の声と蜂の羽音の森の奥に、
      誰かが残したブランコがぶら下がっていることもある。
      ぽかっと開けた視界の先に大きなクレーターを見ることもある。

      あ、こっちに行ってみよう。

      美味しい果実を見つけたら、もいで、味わって、
      ブランコに出会ったら、漕いでみて、
      美しい景色に深呼吸しよう。

      すべてにspiritの優雅さを見いだす道に、私はいるのだ。





      photo by hanaspirit - -
      0

        flower dance

        flower dance新


        深く呼吸をして、この地球でこの空気をともに吸う人々にこころをあわせてみた。
        泣きそうになり、
        ああ、みんな愛をほしがっている!とくちびるがつぶやいた。
        でもそれは、悲しい感じではなく、
        甘くせつない感覚だった。
        私はこの世界はもう変わってしまったんだと思った。
        私のいる現実では、光はうつくしく、
        愛は注がれ、
        ひとびとは輝き始めてる。

        私はスピリットの呼吸にあわせて、一歩一歩歩む。
        一歩一歩歌い、踊る。

        あいはうたう




        photo by hanaspirit - -
        0

          sunshine

          lovesunshine


          金環日食のあと、身体にぐいぐい高次のenergyが来ちゃった人が多いみたい。
          日食眼鏡ごしにでも、太陽をいつになくじーーっとながめるのは、
          なかなかの体験なのかもしれません。
          我が妹は、日食の日の午後は、妙につかれた..とぐったりしていたのですが、
          翌日は、うきうきわくわくして、たまらん!!と興奮気味。
          太陽神経叢がほわんほわんしていたらしい。

          私も日食を見たあとは、太陽満腹ぐったりで、グロッキーでしたが、
          やっぱりハッピー感は強まって、上の絵を描いたのです。


          私はなにかあるとリンクして、エネルギーの大きな変化がありますが、
          帰国後は、私の3つのおおきなエネルギーの柱のうちのひとつが、
          さらに深くつよく在りてあるようになる、まあ、強化月間みたいな時期になって、
          感電したみたいになっています。


          そんな中、昨日は、凛とした舞を舞われる瑞穂舞の先生のお稽古に伺いました。
          踊りはまだ無理かな,,と思ったのですが、
          スピリットが、行ってごらんなさ〜い..と笑うので。。
          瑞穂舞は、内なるエネルギーの流れを外に散らさず、内側でラインを感じながらの舞い、
          とても勉強になりました。
          そして、帰国後、座って絵を描いてばかりの生活で、また、脚力が落ちているのを痛感。
          駅の階段なんかはへいちゃらなんだけど、舞いでは、丹田から下の着地感がてんでだめ。
          でも静かな舞なのに、活性化の効果はばつぐんでした。
          色々アイデア沸いちゃって夜は眠れないし、
          今日も、おでこ、ハート、丹田がぼんぼん強まっちゃって、足の裏までずんずん。。


          ハワイでは、山側の暮らしで、坂の多い道をせっせと歩いていました。
          そしてNiaなど激しいダンスワークや色々なボディワークを受け、
          エクスタティックダンスナイトで踊りまくり、
          とても肉体を意識した日々でした。
          そして、今のこのディセンション、
          いままでよりさらに肉体にスピリットが宿る力強さを感じています。


          6月に、オープンハートチャクラのWSを開きます。
          今回は少し身体も動かして、パワフルなワークにしたいなと思っています。
          詳細は、http://www.yokomori-rika.com/archives/4111





          photo by hanaspirit - -
          0

            Praan

            praan新

            ハワイから帰って来て、緑の公園に行った。

            ハワイでも雨期が終わり、芽が出て葉が出て、花が咲く、
            その変化の時をすごしたけれど、
            それは、木によっても違って、同じ時期に青い実が熟して赤くなり、
            ぼとぼとと落ちてくるという変化を遂げる時でもあったし、
            それを見ているうちに、あっという間に陽射しは強烈につよくなり、夏になった。

            東京の公園は、まだ新芽の季節。
            せつないような、柔らかで、フレッシュな新緑の香りでいっぱい。
            深く吸い込むたびに、
            身体中の細胞をみたしていく。
            やわらかい空気の粒子。光の粒子。

            渋谷までの華やかな都会の道ですら、街路樹の新芽は美しい鮮やかな緑で、
            代々木の森からの空気のおかげか、
            やわらかで、微笑むような緑の気配がするのでした。

            私は、この世界はもう敵対の気配がなくなりつつあるのをなぜかここで感じたのでした。

            すべては愛だと、’考える’より、すでに何かがもう変わったと感じるのです。

            なにより、自分がまた変わったからなのかもしれません。
            ふかくふかく
            すべてとともにある感覚。

            いいなあ、いいなあ、
            あーーいいなあ
            そう感じるたび、
            それは、ふかく滲みていき、
            私を満たします。


            この絵は、前回の帰国の時にPraanという曲にインスパイアされて、即興で描いた物です。
            Praanはプラナでしょう、生命の生きる力、よろこび、
            それは、木々をながれ、私たちを流れているのでしょう。
            地震や、原発のことあり、地球を思い、緑を思い、
            自分の人生のことも思い、家族を思い、娘を思い、
            愛する人を思い、
            ひっくるめて、ハートの炎は燃えあがり、私を炎で満たし、
            ただただ、つよい愛を感じたのでした。



            photo by hanaspirit - -
            0

              みたされる

              かげろう新

              今日は満月。
              Tokyoは暖かな雨。

              私は星のめぐりはあまり意識しないが、
              満月は実感があることが多い。
              以前は、素敵なドレスなど、大きな買い物に出会うのは満月が多かった。
              なんかハッスルしちゃうのかな。

              この冬の冬至前後の満月は、かなりのエネルギーだった。
              そこからは強いまんまだが、ずしん、と我が家にあって、
              ここだよ、はははと、胸から笑って響かせてくれたり、
              時々ジョークでリラックスさせてくれたり、
              スピリットと共にあるという感覚からさらに深く深く
              内側から笑っている。
              それも以前からあった感覚だが、より、深く、よりつよく、
              ひと呼吸ごとに、愛はうたっている。

              このハートに、ピントを合わせて、ただ委ねていくと、
              内側は、ひろがり続け、
              無に近づいていく
              自分が分子か何か微細な微細な粒子になってひろがる
              ここが宇宙なのだろうか
              愛の優雅さ...と、銀河に呼ばれる。
              銀河に意識があるのだろうか。
              愛の優雅さに満たされ、
              こころは微笑む
              その瞬間、今ここにも、同時に存在する我が家、みちこを肉体として感じる。
              これが愛だ。

              自分をよろこべ
              いまここに
              うたえ
              よろこべ
              進化をよろこべ。





              photo by hanaspirit - -
              0

                mele

                mele新

                音楽を聞こう
                それは源からやってくる
                あなただけの音楽

                空に手をさしのべて
                胸から手を広げて
                大地に足をつけて

                ONE
                すべて源はひとつなのに
                なぜ
                音楽はひとりひとりオリジナルなの?
                なぜ
                私たちは、自分であることを喜ぶの?
                神はなぜ
                私たちをうたうの?


                ああ. . .
                わたしをうたおう
                ひきあがりのときだ
                マジかい?って言わないで
                空からも、ここ(胸)からも、
                愛が宇宙を越え、真我の歌をここより届ける
                まずここからうえもしたもなく
                はてしなくとおくとおく
                海をこえ航海してくると思うことももういらない
                遠く遠くではなく
                loveにloveに
                ルールじゃなく
                loveにloveに
                福音はもとめるものにおりる
                あらわれるものにおりるもの

                         みかひ





                photo by hanaspirit - -
                0

                  compass

                  a point of the compass  新

                  山を飛び
                  風をまわっていくんだよ。

                  岩を削った栄養たっぷりの滝の水しぶきを浴びて
                  がははと笑って
                  太陽をめざす

                  見たまえ!
                  海の色はこんなにもさまざまに
                  山の色はこんなにもさまざまに
                  それも
                  太陽の光によって

                  私はなにをあらわそう
                  わたしはなにを歌っていこう
                  さまざまに

                  ひかりはこう語るだろう
                  あなたをみよう
                  あなたを歌おう
                  あなたをあらわれて
                  ひかりにあらわれて
                  愛をうたい
                  愛をうたい
                  愛をもとめ
                  loveにうるむ


                  photo by hanaspirit - -
                  0

                    大いなる森

                    おおいなる森


                    大いなる源は、うちにあり、そしてわたしをつつむ
                    意識はひろがり
                    ただ ありてある
                    その世界はかがやきながら
                    わたしをみたす
                    森をそだて 水を清らかに満たすこの地球を、
                    みたす


                    わたしたちは、うつくしいvisionを描く
                    自分のなかに
                    森 山 川、、海
                    花 鳥 虫 
                    愛を育む人々
                    動物たち
                    青い地球
                    それは創造の神の光を浴びて生きる私たちの喜びなのだ
                    それをもとめ、生きよう
                    そのなかで、生きよう


                    風がするりと吹いて来て
                    若緑の匂いが肌を触り、通り抜けていく
                    ああ....
                    たいせつなことを思い出し
                    あなたは
                    ゆっくり あらわれていくよ
                    愛されていくんだ
                    あなた自身に。





                    photo by hanaspirit - -
                    0
                      << 2 / 10 >>
                      Mail to Michiko 
                      イラストの発注などのご連絡は下記のアドレスにお願いします。 miracleblueraintree@gmail.com
                      Works of Michiko Hanaoka @illustrationFILEweb
                      玄光社イラストレーションファイルwebの  花岡道子のギャラリーもぜひご覧ください。 http://i.fileweb.jp/hanaokamichiko/ また、はなしごと、Flower of Spiritでも絵をupしています。 infoからlinkしています。

                      このページの先頭へ